高田ひろし通信 on the web  
      

1999年4月11日(日)〜4月16日(金)帰国        

  

 カリンバ高校(オーストラリア・シドニーCaringbah High School )の吹奏楽部は1999年、厚木市立小鮎学校に来ました。同校吹奏楽部と交流をするためです。引率の先生を含めて19人来ました。又、厚木高校の吹奏楽部も参加し、合計三校による合同演奏会となりました。
 私は他県の日豪交流団体から依頼を受け、ホームステイ先や演奏場所の設定など、資金も含めて全てゼロから探し始めました。それでも多くの方の善意で何とか形が整いました。
 学校での音楽交流会も大成功し、ホストファミリーになって下さったからは、「次回も是非」との声を聞き、嬉しい限りでした。

 ホストファミリーになった方々には、全てが終わった後にお集まりいただきました。話が尽きず、2時間の予定が4時間となってしまいました。

*最後の日に、本厚木駅で姿が見えなくなった時に、涙が出た。(Aさん)
*帰国後に親から自分で描いた絵が送られてきた(Fさん)
*子どもが友達を毎日呼んで、つたない英語を使って遊んでいた。(Gさん)
*前の週が誕生日だったのを聞いて、誕生日カードをくれた。嬉しかった(Iさん)
*私の子どもは息子が二人。いなくなったら寂しい。(女の子を受け入れたKさん)

 私の夢の一つは、異文化間との架け橋になることです。5,000円札のデザインにもなった新渡戸稲造博士の言葉、「太平洋の架け橋たらん」がいつも私の心の中にあります。
 今回の件は、イメージ通りにことが運びましたが、多くの方の善意があってのことです。有り難うございました。


学校での合同演奏会


カリンバ高校の演奏風景


演奏会後の交歓会 
成功を喜び合いました


鎌倉の大仏にて


おどける二人 in 鎌倉


お茶を楽しむ in 鎌倉


ラッシュアワー初体験!


厚木市議会の議場を見学

  

最終更新日:2005年10月23日