2020年6月議会一般質問

 2020年6月5日、次の質問を行いました。

(1)ウェブ会議の導入
(2)ごみ袋有料化・ごみ戸別収集
(3)コロナウイルス対策における介護事業所支援

 厚木市は2018年12月、ごみ袋について「有料化も視野に」との姿勢を表明しています。憲法第22条には、職業選択の自由が書かれています。それは、営業の自由も保障されていることも意味します。  
  「何故、市場競争を犠牲にしてまで、ごみ袋有料化を採用しなければならないのか?」とする法学研究者もいます。
 厚木市は私の提案に基づき、2020年度に市内小中学校4校に生ごみ処理機を導入します。私は今後も、ごみ減量の具体策を議会で提案します。

ウェブ会議の導入

高田 私とウェブ会議を行った感想は。
総務部長 遠方にいる者同士が意見交換できるという点で利便性を感じた。通信状態により音声や画像が途切れるなどの課題もあるが、ICTを活用した有効なツールであると感じている。

ごみの戸別収集

高田 3つのモデル地区では午前中に収集を完了していると聞くが、全市展開の場合も同様か。
循環型社会推進担当部長 全市展開の場合は1日をかけての収集になると考えている。

高田 全市展開の場合、収集作業員が何人必要で、予算の試算はしているか。現在の3倍から4倍の人員が必要となるのでは。
循環型社会推進担当部長 今回モデル地区の実施でどうなるか、まだ現在は試算や必要人数も考えていない。ただ、現状の人数で足らないことは明らかで、どの程度の人数が必要になるかは、これから検討していくべきものと考えている。

ごみ袋の有料化

高田 ごみ袋を作成する落札業者に数年間に及ぶ独占権を与えることになる。見解は。
循環型社会推進担当部長 有料化を実施するか否かの判断はまだしていない。事業者の選定をどのようにしていくかも全く考えておらず、今後の検証の中でしっかり把握していきたい。

コロナウイルス対策における介護事業所支援

高田 収入減となったデイサービスなどの介護施設を対象とした、財政援助や寄付金募集を提案する。デイサービスや訪問介護事業所などでは、3月以降、収入が減少している実例がある。介護施設は収入構造に限りがあるため、特段の配慮が必要である。
厚木市社会福祉協議会には善意銀行がある。指定寄付が可能で、寄付金控除の対象にもなる。デイサービスなどの介護施設を指定寄付の対象に追加し活用すれば、新たな基金の創設も不要となるが、見解は。
福祉部長 一部の事業所では、感染防止に対する経費負担の増加に加え、サービス利用者の利用控えがあって収入の減少が生じていることは認識しており、できる限りの事業継続支援策を検討している。寄付の件は承知しており、ご提案の内容については社会福祉協議会に伝えたい。